【声劇】WEAPON DEALER2(準備・後編)【全部俺】
10:37
感想やリクエストを送ろう!匿名OK!
4
コメント
おたより
シェア
その他
8日前 (1日前 更新)

今回は前回から続いてとある記者から舞い込んだインタビューをかわすお話。
偽経歴を騙る中で姿を見せる武器商人哲学。
「後編」と言いつつ話としては途中で完結ではなかったり。

もっと見る
コメント
(3)
0 / 500
ログインするとコメントができるようになります。
百舌鳥(もず)
冒頭から大塚明夫さんがいらっしゃった∑(゚Д゚) 前編も安定の一番乗りくらいの勢いで聴かせて頂いて、シェアと一緒に地図を載せておきながらコメントしてない事に気付きました(笑) いきなりネタバレな地名や用語出すのは良くないと期間を空けたまま…でした、すみません💦💦 不謹慎ですが中東を舞台にした話しをいつかやってくださると思っていたので、小さな夢が叶いました。 シロガネさんの【全部俺】に憧れ過ぎて…僕もやってみました。…大変ですが、楽しいですね(笑) いつも思うのですが作中の効果音、とても細かな部分まで表現されてて、それって軍事とかそう言う効果音集みたいのがあるのでしょうか? 僕も段々とミリタリー熱が出て来て、挑戦してみたくなりました^_^ いつもステキな作品を、ありがとうございます😭
返信
2021/10/13 15:46:20
シロガネ
コメントありがとうございます!そうだったのですね、いつもチェックして頂いてありがとうございます! ネタバレに関しては、元が現実の話で既に結果も明らかな話題なので、大筋は紛争関連のニュースを追っている方なら結末はご存知の事と思います。この話はその「裏」の部分を妄想で描いてるだけなので……中東地域は20世紀後半~現在の戦争を語る上でも、また兵器市場としてもアフリカなどと並び非常に重要な市場でしょうから、むしろ避けて通れない地域でしょうね。夢だなんてもったいないです!w 効果音に関しては、一部に効果音素材も使用しますが、基本的にはネットから実物の動画を探して、そのサウンドを拝借しています。今回ですと冒頭のエンジン音。主人公達が乗っているセダンをイメージしたものですが、アルファロメオ159のガソリン仕様車に乗っている設定なので、実車159の紹介動画などから車内・外・走行・エンジン始動音等を拝借しています。あるいは6分10秒で流れる破裂音。こちらはイメージとして挿入していて実際には聞こえない音なんですが、会話に出てくる「.32ACP弾」を用いる実銃の実射サウンドを使っています。 (続く)
シロガネ
(続き) ちなみに前回ですと、街の喧噪などは実際のテルアビブ市内のもので、冒頭の自動ドアやエレベーター、電子キーの解除音であるとか紅茶を注いで出す音など……いずれも実物の、それもなるべく海外のものを探して挿入しています。後半出てくるマジノ社長の車も設定上ルノーのフラッグシップ車である「タリスマン」というセダンであるため、合わせて実車の音を用意しました。前々回の銃撃戦等も全て実銃のサウンドなんですよ実は(無駄なこだわりで無駄に時間をかけてしまうパターン)。 とはいえ音声作品は視覚情報が使えない上に私のものは題材からしてわかりにくい用語や固有名詞が出てきたりする関係上どうしても情報が不鮮明なので、なるべく臨場感を→どうせ効果音差し込むなら本物に!という思想になってます。逆にニセモノでもわかりやすい効果音を使った方が、聴く側には情景が伝わりやすい場合も多いかと思いますが……ダラダラと要領得ない事を書きましたが、ともかく私の音声はそんな感じです;