13:14
【声劇】WEAPON DEALER3(後編)【全部俺】
感想やリクエストを送ろう!匿名OK!
5
コメント
おたより
シェア
その他
2022/10/31 (23日前 更新)

前回:https://hear.jp/sounds/I7pr8Q

2020年ナゴルノ・カラバフ(アルツァフ)紛争/ハロップ自爆ドローン編、完結となります。
余談ですが、フルバックがつまずいた石は”墓石の残骸”という設定です。

話の都合からアゼル寄りの話になってはいますが、両国の対立にはそれぞれ言い分があり、双方深く憎み合っているのが実情です。根源を辿ればソ連時代はもとより19〜20世紀、あるいはもっと古い時代からの混沌と言えるでしょう。
特にホジャリについて気になった方は、中々重いですが調べてみると話の内容についての解像度が上がるかもしれません。

※念のため補足ですが、一部音声(ガヤや悲鳴など)については効果音として別人の声を使用しています。

もっと見る
コメント
(5)
0 / 500
ログインするとコメントができるようになります。
香月
毎回、毎回…まじで何なのさ…!!スゴすぎるんだよー!と思いながら、今回も拝聴させて頂きました😆🎶‼️ 念のための補足いります?(笑)そんなん補足されてもされなくても、“全部俺” 揺るぎようがないですやん🤣(笑)前から思ってたんですけど、台詞がお洒落…!洋画の吹替え聴いてるみたいです🎬でも、これ、エンドロール、キャストとかスタッフロールっていうんですか?一行、“全部俺” で終わっちゃいますからね(笑)とんでもねぇ映画ですよ!🤣
返信
2022/11/11 14:23:30
シロガネ
香月さん、今回もお聴き頂きありがとうございます!いやはや、一応断っておかないと「ガヤとかも全部"俺"なの?」ってなるかもしれないので……; 台詞お洒落ですか!特に意識して書いてる訳ではないんですが、そう言って頂けると嬉しいですね。 メインキャラクターに限れば本当に「全部俺」で終わりですね。試しにキャスト一覧出してみましょう。 ーーーーーーーーーーーーー      キャスト ネシェル スツーカ アクーラ ヘイロー ハヴォック フルバック ハウンド メイ マーチン ベイカー アゼル軍小隊長  :シロガネ アゼル軍副官 アルメ軍分隊長 アルメ軍副官 アルメ軍兵士A アルメ軍兵士B アゼル軍兵士A アゼル軍兵士B アゼル軍兵士C アゼル軍兵士D アゼル軍怒声(複数) その他ボイス:効果音素材他 ーーーーーーーーーーーーー こんな感じになりますね💦
香月
↑↑↑上記↑↑↑ おかしい!こんなの絶対おかしいですから!🤣🤣🤣
百舌鳥(もず)
凄く出遅れまくってしまいました💦 シロガネさん‼️ ついに完結ですか…😭 大変お疲れ様でした🙇 敢えて宗教や民族と言う分かりやすい言葉を出さずして、両国の深い闇を見せるストーリーテリングが素晴らしくて、声の多彩さや編集の技巧にどうしてもフォーカスされますけど、構成や語彙、軍事や地政と言った知識の基礎あってのお方で、物凄く尊敬しております🌟 ネシェルの最後のセリフ、いつものドライさやユニークな彼にしてはアツくなってたように感じたのは、過去がそうしているのかもな…と、まだ代わりしたい気持ちでいっぱいです(笑) Harpy's Feeding Ground…ハーピーの餌場…ですか? ハーピーがドローンの事を指していると言うのが、ニク過ぎて…最高であります👍✨ ここで書くか悩みましたが自分もシロガネさんを目標にしてボイスドラマを作り続けて、先日久しぶりにこっちに投稿させて頂きまして…🙇🙇 ジャンルは違いますが、1年経って少しシロガネさんに近づけたかもなと…畏れ多くも思っております。 もし宜しければお時間ある時に聞いてみてくださいませ🙇🙇
返信
2022/11/17 13:28:11
シロガネ
百舌鳥さん、コメントありがとうございます! 遂に完結です!(まぁ実は次の話も一応この後日談になるのですが💦)シリーズ自体は続きますので、引き続きお聴き頂けたらと存じます。 ベタ誉めじゃないですか!?とんでもないことです……ここだけの話このシリーズ、プロットとか設定が一切なく、完全に勢いだけで書いてます。よくWeb小説で未完結になる人の書き方です😓 WD2前編の段階では「そうだ、ドローン売らせよう」程度のノリでした。解説や背景の情報はネットで調べつつ書き足しながら補完しました。 ネシェルについて。流石よく聴いてらっしゃいます。彼はニヒリスト的な側面があって道徳や正義を酷く嫌悪します。当然アゼル軍小隊長の"決断"の意味も理解していません。 そうハーピーの餌場!そもそもハロップの別名が「ハーピー2」なんです(ハーピーという自爆ドローンの発展型がハロップ)。今回、過去作含め新たにサブタイトルを付与致しました。 そうなのですね!編集は勿論、収録にも様々な苦労がありますが、それが1つの作品となるのは楽しいものですよね!後日拝聴致したいと思います。