11:53
全部俺【Little Salamandra】前編
感想やリクエストを送ろう!匿名OK!
11
コメント
おたより
シェア
その他
14日前

ボイスドラマを作り始めて1年。
聞いて欲しい友人たちが居るので
久しぶりに投稿します。

80年〜00年代初頭の香港映画やハリウッド映画、アニラジ系ラジオドラマのテイストを盛り込んだ全部俺作品。

「Little Salamandra(リトルサラマンドラ)]
その前編をお送り致します。

the Audi-Mationと言うのは
「視える音声作品」から一段階進化させた"まるで動画のような音声作品"の形。
いつかどこかで見聞きした思い出からイマジネーションを引き出す事で、絵を補完して貰おうと言う感じです。

冒頭のセリフの裏に中国語が混ざっておりますが、この作品の為に勉強した完全な素人ですので、若干ニュアンスが違うかもしれません。

また発音も日常生活に溢れている中国語を聞いて近づけましたが、拙い発音はご容赦ください。

戦闘(格闘)シーンについては、全て単音を組み合わせて自分の魅せたいアクションになるように構成しました。

主人公が使う武術は、
【詠春拳】と【八極拳】のミックスです。
印の結びや作法については本当は孔雀王や霊幻道士なのですが、さすがに誰にも分からないのでナルト感を出しました(笑)

ボイスドラマ制作を始めたのが、
1年前の「ローマ帝国兵の悩み」

https://hear.jp/sounds/Dgosdw

シロガネさんと出逢い、
ざきノたいるさんと出逢い、
良いモノを作ろうと研鑽してきました。

制作環境は昔から変わっていません。

これが百舌鳥の現在地…でもなく、
仕事と家庭の多忙さで、これでも色々とやり切れなかった部分があります。

本作は尺とボリュームの都合で前後編にさせて頂きました。
後編のリリースは未定ですが、年を跨ぐ可能性がある事お許しください。

・キャスト
 リー・イャンライ
 黒服(中国語音声含む)
 オペレーター(中国語音声含む)
 グェン大兄
 以上、全部俺

・BGM、SE(敬称略)

FREE BGM DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp/_mobile/

BBC sound effects
https://sound-effects.bbcrewind.co.uk

効果音事典
https://sounddictionary.info

無料効果音で遊ぼう!
https://taira-komori.jpn.org/index.html

On-Jin音人
https://on-jin.com

ポケットサウンド
https://pocket-se.info/archives/category/se/natural/

・使用機材(安定のスマホのみ)
iPhone SE(第2世代)マイク無し
GarageBand、WavePad使用。

もっと見る
コメント
(6)
0 / 500
ログインするとコメントができるようになります。
りさ
80年代〜の雰囲気がたまらないですね!! 自分の脳内で映像を再生して映画を楽しんでいる気分になっています☺️ 今は4Kなど映像が鮮明ですが、80年代〜はまだ少し粗さのある画質で、それがマニアにはたまらんのですが百舌鳥さんの作品からひしひしと当時の情景が伝わってきて興奮しております✨ 先日80年代のドラマ映像を観たばかりだったので、最後の次回予告なんて聴いたことありそうな雰囲気だなぁと再現度の高さに勉強させて頂きました!
返信
2022/11/19 00:51:36
百舌鳥(もず)
りささん、いつもありがとうございます。 昔の方が面白いムダが多くて、そのムダが時代の象徴でもあったような気がします。 もっと言えばテレビとラジオくらいでビデオはあってもそんな頻繁に見る事もなく(個人差あり)、だからほとんどの人が同じものを見ていた時代でもあります。 だから展開や雰囲気から「既視感」のようなものが生まれて、脳裏に映像を映せる…と。 そう言う作り方でした☺️ 敢えて劣化させたり劣化した音を使ったのは、りささんの言う「粗さ」=何もかも鮮明である必要がないメッセージみたいなものなので、シンパシーが合うと語ってない事まで思考が及ぶ嬉しさをコメントの随所に感じました🙇 一度完全に昔に振りまくったシチュエーションを作るのも面白そうです🎞 制作でお困りの際は是非言ってください👍✨
香月
百舌鳥さぁぁぁん!!実は一足先に、別サイトの方で拝聴させていただきました!こちらにも上げてくださるとは!😆😆😆 概要欄読む前に聴くと、飄々としたリー・イャンライ、何か憎めないキャラで個人的に好きだなぁと思った黒服男、声色だけでキャラの風貌を把握させられる大兄…そんな彼らの動く姿が頭に浮かびました!そして、概要欄を読んでから聴くと、今度は、ドラマの裏に流れる、百舌鳥さんの制作にかける情熱の息づかいが聞こえる気がして、勝手に感動してました(笑) ストレートなボイスドラマの分野で、百舌鳥さん、シロガネさん、ざきノたいるさんは、“全部俺四天王”の方々と思ってます👑後半も楽しみに待ってます…!!!
返信
2022/11/19 04:48:15
百舌鳥(もず)
香月さん、いつもありがとうございます。 是非聞いて欲しい方の1人に香月さんはもちろん居るので、このコメントは凄くありがたいです。 その声に外形を象らせる方法は声真似と言う極端なキャラ付けの経験が活きたと言えますね☺️ HEARでの概要欄はかなり抑え気味で、もう色々書くだけ疲れてしまうのと本当に聞いてほしい人が限られてたので最低限でした。 …が、滲み出ちゃってましたね(笑) 視える音声作品って当時言いましたし、双子でもそれを謳ってましたが結構な決意と覚悟で「視える」を意識してました。 それを進化させたのは「聞いて皆さんの脳裏に浮かぶような」と言う当初の純粋な実験的観念ではなく「俺のイメージを聞き手に視せる(見せてやる)」ような自己顕示に感じたタイミングがありまして。 言葉から受け取る情報はどちらも間違いではないけど、自分の想いをもう少し突き詰めて「オーディメーション」と言う「動画」に振ってみました。 ストレートなボイスドラマと言う表現、自分にとってこんなに分かりやすくて嬉しい言葉は無いです。 お二方にはまだまだ及びませんが、とりあえず御三家くらいには並びたい所です(笑)
ひまんちゅ
ノスタルジックでハードボイルドな雰囲気がすこぶる格好良いですね! またSEやBGMが場面をとても盛り上げて、臨場感がぱないです! ボイスドラマを作る上での技術力の高さ、ひしひしと感じます…っ!
返信
2022/11/24 12:16:13
百舌鳥(もず)
ひまんちゅさん、ご無沙汰しております🙇‍♂️ わざわざコメントまで…ありがとうございます😂 仰る通りです👍 様々便利で鮮明になり過ぎている今ですから、このようなテイストも(ニッチですが)オンリーワンのカタチだと思いたい所です。 技術についてはパソコン勢の方が遥かに上で、ボイスドラマは誰でも作れる反面、素材やBGMの入り口がほぼ同じですから似たり寄ったりです。 そこをストーリーテリングや素材へのアプローチなどのアイデアや創意工夫でワンステージ上げる。 僕は技術力があるとは思ってませんが、総合的なモノ作り脳は持ってるのかもしれませんね。