02:35
朗読「セイロスの書 第一章 啓示録」(ファイアーエムブレム風花雪月より)
感想やリクエストを送ろう!匿名OK!
3
コメント
おたより
シェア
その他
2022/08/05

先日ファイアーエムブレム風花雪月をプレイしていた際に、作中に登場する
ガルグ=マク大修道院の書庫に収められていた『セイロスの書』その第一章を読んでみました。

BGM:瑠璃の森
H/MIX GALLERY様(http://www.hmix.net/)よりお借りしました

セイロスの書

第一章 啓示録

女神は天であり、女神は大地である。
今にあり、昔にあり、やがて来るときにある。
かの目はすべてを見通し、かの耳はすべてを
聞き、かの手はすべてを受け止める。

女神の証を受け取りし者、
言葉を預かりし者、すなわちセイロス。
天の、大地の御使いとして、
セイロスは恵みと平安をあなた方に届ける。

女神よりの全能を以て。
セイロスは、女神の剣として邪を除け、
セイロスは、女神の子として王を封ず。
セイロスは、女神の翼として人を導き、
セイロスは、女神の声として愛を説く。

その剣に、あなたの剣を委ね、
その王を、あなたの上に戴き、
その翼で、あなたの生を助け、
その声が、あなたの心を赦す。
あなた方に女神の加護あらんと。

もっと見る
コメント
(0)
0 / 500
ログインするとコメントができるようになります。